show_15【A型B型】ニートやホームレスに多い血液型判明【O型AB型】


1: マドモアゼル名無しさん 2018/07/22(日) 01:00:35.03 ID:UtQC65Rc
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
日本人の血液型は、A型>O型>B型>AB型の順で多い。

ニートと無職が一番多いのは、O型。

弁護士ではA型が最多で60%を占め、次いでB型が33%を占める。

医者は、A型が最多で46%を占め、次いでB型が24%を占める。

大学教授では、A型が最多で70%を占め、次いでB型が15%を占める。

貧困層では、O型が42%、AB型が40%、B型が15%、A型はわずか3%となっている。

ホームレスでは、上記貧困層とほぼ同じ結果。

日本の専門家によると、A型は才能豊かで社会的規範をよく守り、社会常識を心得ている人たち。B型は才能はあっても自己の欲望に負けやすく、自己中心的。人付き合いが苦手で、性犯罪を起こしやすい。

 O型は物事への才能に欠け、なにかと失敗が多い。将来に対し無計画で、ニートやホームレスになりやすい。AB型は才能に恵まれるのだがそれに気付かず、他人に対して嫉妬しやすい。決断力に欠け、自暴自棄になりやすい。この公的な統計を見ると、B型は人口は少ないわりに社会的地位の高い人が多いようだ。(引用おわり)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


引用元: 中国人ブロガー「Ffgg」さん 「日本人の血液型」
【【A型B型】ニートやホームレスに多い血液型判明【O型AB型】 】の続きを読む